この扉は、「思い出のアルバム」と言うタイトルで皆様方の昔の懐かしい写真を掲載することにいたしました。 どうぞ皆様が必ずお持ちの写真を積極的に投稿してください。お宝の写真にコメントを添えていただければ 直ぐに更新いたします。また、もう一つは「今昔物語」のコーナーです。思い出の多い合宿生活・苦しかった事・ 楽しかった事・国体に参加した時の事・などなどを取り扱いと思います。また、失敗した事・事故を起こした事・怪我 をしたり色々な事がありました。そんな思い出を語って頂きたいと思います。



今は、飯豊山荘へは車で行けるほど道路が舗装され整備されていますが、昔は、長者原で バスを降り、玉川を対岸に渡り澤を何本か超えて温身平へ向かいました。その途中で良い 休憩地として、旭又の瀧がありました。その時々によって違った顔をして我々を迎えてく れます。その写真を見ていると、その当時の山行が思い出されます。
昭和33年(1958)8月20日
昭和30年9月7日
昭和39年8月3日
昭和40年(1965)8月5日


 


・昭和61年8月9日(土)晴れ
・同行者・・・妻・長男(17歳)・次男(12歳)
・飯豊山荘に前泊(素泊り¥1,500円)
・昔、小屋があった所は今は車道となり、ダム工事の最中だった。
・今日のコースは、飯豊山荘~温身平~石転び雪渓~カイラギ小屋(泊まり)


何時の時代も変わらない雄大な石転び澤

・子ども達は、雪渓歩きが楽しいような歩き方だった。残雪期の五頭山や二王子岳でグリセード  が出来るようになったので、急な斜面も怖がらずに登っていた。 ・4本爪のX型アイゼンを装着し、ゆっくり歩けばスリップの心配も無く、快適に雪渓を登る事ができた。


・北股岳頂上にて記念撮影

・カイラギ小屋は、大変込み合っており、 4人で来たが2人ずつ離れた所で寝る ことになる。(素泊り¥1,000円)

・夜中には、強風が吹いていたので、テント の人達は大変だっただろう。

 

・8月10日(日)晴れ
・第二日目は、カイラギ小屋~北股岳~門内岳~扇の地神山~梶川尾根~飯豊山荘(泊まり)

・北股岳山頂からは、360度の展望が素晴らしく今でも忘れない。
・北股岳への登山道脇・門内岳周辺のお花畑が沢山の高山植物で素晴らしかった。
・梶川尾根からは、石転び澤の雪渓が、急な角度で立ち上がっているのが眺められた。

八月でも残雪が多い石転び澤
1,450m『三本カンバ』ほっとする休み場

 

 


 蒜場山は、5月の残雪期でないと登れない山でした。毎年5月の連休を利用して蒜場山にのです。小俣 澤の残雪のつき方によりますが、決まって5月3日~5日までの間に蒜場山へ雪上訓練を兼ねて山行計画を立 てるのです。一番の難問題は、何んと言っても銚子の瀧を登る事でした。毎年瀧の右岸からとっついて瀧の上 部に出るのです。大変な部分は30m位でしたが、全体では約50mくらいと思います。必ず全員が瀧を登り終わ りますと一休みをしてから、頂上に向かいます。下山は、グリセードで一気に瀧の上部まで下ります。登りと 同じルートを安全に下降します。芝高在学中に3回は経験する蒜場山登山です。
 私はこの集合写真を見て、山行の記憶は全くありません。しかし、自分は立教大学山岳部で新人合宿が終わ り意気揚々と帰郷して芝高山岳部を訪ねて多分、大いに威張って参加したものと想像いたしました。
 現在は、『米平新道』として10年ほど前に下越山岳会が登山道を切り開き、冬季間以外は登り約4;40・下り 約3:10の日帰り登山として人気上昇中のスポットです。

山頂にて記念撮影    (昭和31年5月5日 杉浦先生撮影)




昭和29年5月3日 銚子の瀧すぐ上部
銚子の瀧上部は急斜面(昭和31年5月5日)
ザイルを2本固定して銚子の瀧を登る
頂上も近くなる

 



自分が高校2年生のときの夏山第二合宿は、朝日連峰の縦走でした。3学年先輩の杉浦吉弘さん故小林勇二郎さん が参加されました。詳しい事はほとんど記憶にありませんが、昔の写真を掲載いたします。しかし、高校生の登山 スタイルやバスを降りたとき・朝日岳の山頂での記念撮影は、懐かしく思い出されます。同行したメンバーの仲間 たちの事などの記憶が蘇えってきます。(山行記録は、部報焼峰12号に掲載されております。)

 

昭和31年7月24日 ガタガタ道でした
大朝日岳山頂にて

朝一の絶景を眺めながらの縦走
故小林勇二郎氏のポーズ
大鳥池での記念撮影  (昭和31年7月25日)

 


ページのトップへ