あいさつ

この度「かいらぎ山岳会」の総会で会長職の若返りとのことで、会長職を仰せ付けられました小柳です。結構な年齢だと思っていますが、次の若手へのバトントアラーとして勤めさせていただきます。前会長の高橋さんは山のベテランであり、当山岳会の設立当時から尽力されてこられました。この会が今日あるのは、まさに高橋会長が居られたからと心から感謝申し上げます。
今年は、飯豊連峰縦走の計画も予定されております。「かいらぎ山岳会」はベテランの多い会ですが、成功には万全の準備が必要となります。多くの参加者を集い必ず成功させるために会として全力で取り組みたいと考えております。私どもの会が活発に活動していくために、皆様の活発なご参加ご指導をよろしくお願い申し上げます。

◎ 昭和20年生、39年卒、64歳年金年齢です
◎ 自営業(社会保険労務士)開業40年、息子と共に現役で働いております
◎ 持病があり現在は登山はやっておりません、ひらば(しん道?)遊び程度です
◎ お酒は程々(時々意識が無くなります)のお付き合いをさせていただいております
◎ 飯豊山行には車両隊で参加頑張ります



あいさつ

この度、かいらぎ山岳会の総会において、副会長の任務を仰せつかり、その任の重さに、少々戸惑いを覚えているところですが、小柳新会長の下に決した事については、真摯に受け止め、諸先輩の築いて来た、かいらぎ山岳会を将来に繋げて行く為にも、会の発展と存続に、少しでも貢献出来るよう、微力ではありますが、がんばって参りたいと思っております。
  又、今年度は、「飯豊連峰縦走登山」と言う、大きなイベントも用意されています。小柳会長の下、役員一同、一丸となって、事業の成功を成し遂げるべく、最大限の努力を傾注し、新会長の補佐役を勤めて参る所存でありますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

・昭和四十年、十七回卒業  62歳  自営  孫 四人 (男ばっかし)
・まだまだ現役で働いています。 (なかなか退職する事が出来ません)
・生まれてから此の方、新発田から出たことなしの、新発田っ子。(四年間だけ武者修行に出る)
  十年程前より山を登り始め、現在まで続く。 (続くのは、これ位かなあ・・・)
・持病・腰痛・痛風・健忘症(最近、物忘れがヒドイ・・・)
・仲間と酒を飲み交わすのが大好き、晩酌は十合?くらい(肝臓はいたって丈夫)
・古い物を見ることに興味あり。 (骨董品・古民家・神社仏閣・古道具・盆栽)
・動けるうちに四国八十八箇所歩き遍路・熊野古道を歩いてみたい・ごくごく普通の前期高齢者で
  ございます。


 

 

 

 

 

あいさつ

昭和45年(第22回)卒の林 茂樹です。このたび、地元在住の若手代表として副会長という身に余る大役を仰せつかりました。かいらぎ山岳会の長い歴史は、多くの先輩諸兄の血のたぎるような熱き思いや、雄叫びを上げるような歓喜や感激、そして深い悲しみや,もがき苦しんだ歴史です。その万分の一でも受け継ぎ伝えていくのが課せられた使命と考え、会への貢献も語るべき山歴も何もない私ですが、20代30代といった本当の若手
が一人でも多く会に参加していただけるように微力を尽くす所存です。会員の皆様お一人お一人のご支援を心よりお願い申し上げます。

 

 

二王子山のふもとで生まれ、わざわざ山岳部に入らなくてもいいようなものでしたが、山岳部に入ってしまい高校時代は山に明け暮れていました。東京での学生時代は加藤文太郎に憧れ北鎌尾根を夢見ましたが、百年たってもお前の行けるところではないと一笑に付され、冬の八ヶ岳や甲斐駒、仙丈あたりを一人でほっつきまわり、いっぱしのアルピニストを気取っていた軟弱者です。28歳で帰郷し、現在母校にほど近い五十公野で共稼ぎの妻と老犬とで暮らしています。五十公野山がホームグラウンドと言う情けない状態でしばらく山とは遠ざかっていましたが、昨秋は十年ぶりになんとか焼峰に登ることができました。これを機にもう一度山を始め、今年は蒜場に行ければいいなあと思っています。


 

 

 

 

第1条 (名 称)
   この会は「かいらぎ山岳会」と称する。
第2条 (所在地)
   この会の所在地は「事務局」に置く。
第3条 (目 的)
   この会は、登山を通じて自然に親しみ、会員相互の友情と親睦を深めることを目的とする。
第4条 (事 業)
   1.山行を行い会員の健康を増進し、登山技術の向上をはかる。
   2.活動を盛んにして自然に親しむ機会を増やす諸活動を行う。
   3.その他、この会の目的を遂行する為に必要な諸活動を行う。
第5条 (会 員)
   この会の会員は次の通りとする。
   1.新発田高校山岳部のOBである者。
   2.新発田高校で本会の目的に賛同する者。
   3.その他、本会の目的に賛同し会長が承認した者。
第6条 (役 員)
   本会には次の役員を置く。
   1 会 長      1名
   2.副会長      2名
   3.幹 事     若干名
   4.事務局     若干名
   5.監 事      2名
   6.顧 問      若干名


第7条 (役員の職務)
役員の職務は次の通りとする。
1.会長は本会を代表し、総会又は幹事会の決議の基づいて会務を処理する。
2.副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
3.監事は会長の命を受け会務を審議するとともに事業の運営に当たる。
4.事務局は会長の命を受け事務を処理する。
5.監査は本会の会計を監査する。
6. 顧問は会長の命を受け、本会の円滑な運営に当たる。
第8条 (役員の任期)
役員の任期は2年とし、再任を妨げない。補欠によって役員となった者の任期は、
前任者の残存期間とする。
第9条 (会 議)
本会の会議は次の通りとする。
1.総会は本会の最高の意思決定機関とし、毎年一回会長が召集する。
2.幹事会は、会長が会務の執行に必要と認めたときに召集する。
第10条 (経 費)
本会の経費は、会費・寄付金・その他を持って充てる。
第11条 (会 費)
会費は幹事会の義を経て、総会において決定する。
第12条 (会計年度)
本会の会計年度は、1月1日に始まり12月31日に終わる。

附則

第1条 (施行期日)
   本会即は、平成21年1月1日から施行する。
第2条 (会則の改廃)
   従前の会則は、本会則の施行日をもって総て廃止する。


新発田中学校でも開学以来、自然に憧れた学生が、山奥く分けいったでしょう。しかし、学校の体育部として活躍を始めたのは、何時なのかは多くの先輩・岳人が亡くなられている為に、残念ながらこれを知る事は難しい。残された情報と資料で思考してみる。

1.先輩の証言 高澤吉郎氏(昭和9年卒業)談
  ・新井寛励先生が、熱心に生徒を山岳部に勧誘して活動もしていた。昭和6年~昭和13年まで教鞭をとられ、芝中は勿論下越の登山指導に尽くされた。また新井先生は、下越山岳会の五人の設立発起人の一人となり、初代の幹事も勤められたお方です。
  ・新野直治氏(昭和13年卒業)は、大宝寺(軍隊の射撃場)で行われた各部の入部勧誘演説では、山岳部も行い新井先生もおられた。

2.部報「焼峰」第2号への寄稿から (第2号昭和25年発行)
・中西扇次氏(昭和14年卒業)は、「赤谷径、小生等が
登った約10年以前は、湯ノ平から上は踏み跡程度・・・・」

3.部報「焼峰」第3号・・・・昭和25年発行
・佐久間淳一氏大正3年生まれ、(下越山岳会第4代会長)は、
「十数年前、登山部長の新井先生、森谷周野(昭和7年卒業)
両氏が芝中山岳部を指導しておられた頃、両氏に山について
の蒙をひらいてもらった・・・・・」

4.これらの事から、それ以前から芝中で登山は
行われていたかもしれないが、組織だって
山岳部の活動が始まったのは、新井寛励先生
が赴任された、昭和6年頃ではないかと思案
される・・・・・

戦前のものと思われる資料から



昭和37年頃の湯の平小屋

 部名は時により、変わる事もあるが、山岳部又は登山部の名が多い。新入生の部紹介に、学友会山岳部の名があり、長く部室に残された印鑑には徒歩登山部と刻まれている。戦中戦後は山岳部を使っていたが、近年は登山部を使っている。
  また、当時の登山は、五頭・焼峰・二王子を主グランドとしており、時に夏季には飯豊赤谷道にはいったり、日本アルプスへも遠征したと思考される。冬は米倉の臼ケ森でスキー訓練を行っている。又、赤谷線東赤谷開通(昭和16年)以前「焼峰探勝」を実施している。戦後は高体連が登山講習会を開催し、県内外の山に登る機会が開けた。ついで、23・4年ごろより、2回生の小林兼一郎氏を始め、優秀な部員が多く育ち、澤登りを始めとして、探検的山登りに挑んで行った。
  部報については、昭和15年2月に中西扇次氏が「焼峰4号」を発行している。戦後昭和22年に校友会山岳部再発足、11月2日に部報「山岳」が発行されている。(山岳班長島井宏氏)そして、復刻「焼峰」は25年に発行された。


昭和24年 二王子岳合宿

 昭和26年4月、山岳部OBが一室に集まり、
(新発田高校OB)高橋剛を会長として、新発田高校山の会が発足した。しかし、会員は進学その他で、全国に散らばり、実質活動は行われず開店休業の状態だった。
一方多くのOBの居留した東京では、30年OB会結成の機運が高まり、5月22日に発会総会が開かれた。 会の名称は色々意見があったが、西口(中村)得二氏発案の「かいらぎ山岳会」にきまった。
 ※ 焼峰13号「かいらぎ山岳会成立以後」高橋武より 

注)梅皮花・・・・・梅花状の硬い粒状凸起のあるアカエイに似た魚の背面中央の皮、刀の柄や鞘を包むのに用いる。(広辞苑)


 昭和32年12月30日焼峰遭難発生。以後OBは事後処理に勤めたが、組織の弱体が痛感された。そして、追悼碑の建設・遭難特集号の発行とともに、OB会の結成が話し合われ、4月6日に設立総会が開催された。なお、会の名称は東京OB会の「かいらぎ山岳会」をそのまま使用することとし、現在に至っている。
※ 焼峰13号 「かいらぎ山岳会の動き」武田敏夫より


ページのトップへ