新発田中学校でも開学以来、自然に憧れた学生が、山奥く分けいったでしょう。しかし、学校の体育部として活躍を始めたのは、何時なのかは多くの先輩・岳人が亡くなられている為に、残念ながらこれを知る事は難しい。残された情報と資料で思考してみる。

1.先輩の証言 高澤吉郎氏(昭和9年卒業)談
  ・新井寛励先生が、熱心に生徒を山岳部に勧誘して活動もしていた。昭和6年~昭和13年まで教鞭をとられ、芝中は勿論下越の登山指導に尽くされた。また新井先生は、下越山岳会の五人の設立発起人の一人となり、初代の幹事も勤められたお方です。
  ・新野直治氏(昭和13年卒業)は、大宝寺(軍隊の射撃場)で行われた各部の入部勧誘演説では、山岳部も行い新井先生もおられた。

2.部報「焼峰」第2号への寄稿から (第2号昭和25年発行)
・中西扇次氏(昭和14年卒業)は、「赤谷径、小生等が
登った約10年以前は、湯ノ平から上は踏み跡程度・・・・」

3.部報「焼峰」第3号・・・・昭和25年発行
・佐久間淳一氏大正3年生まれ、(下越山岳会第4代会長)は、
「十数年前、登山部長の新井先生、森谷周野(昭和7年卒業)
両氏が芝中山岳部を指導しておられた頃、両氏に山について
の蒙をひらいてもらった・・・・・」

4.これらの事から、それ以前から芝中で登山は
行われていたかもしれないが、組織だって
山岳部の活動が始まったのは、新井寛励先生
が赴任された、昭和6年頃ではないかと思案
される・・・・・

戦前のものと思われる資料から



昭和37年頃の湯の平小屋

 部名は時により、変わる事もあるが、山岳部又は登山部の名が多い。新入生の部紹介に、学友会山岳部の名があり、長く部室に残された印鑑には徒歩登山部と刻まれている。戦中戦後は山岳部を使っていたが、近年は登山部を使っている。
  また、当時の登山は、五頭・焼峰・二王子を主グランドとしており、時に夏季には飯豊赤谷道にはいったり、日本アルプスへも遠征したと思考される。冬は米倉の臼ケ森でスキー訓練を行っている。又、赤谷線東赤谷開通(昭和16年)以前「焼峰探勝」を実施している。戦後は高体連が登山講習会を開催し、県内外の山に登る機会が開けた。ついで、23・4年ごろより、2回生の小林兼一郎氏を始め、優秀な部員が多く育ち、澤登りを始めとして、探検的山登りに挑んで行った。
  部報については、昭和15年2月に中西扇次氏が「焼峰4号」を発行している。戦後昭和22年に校友会山岳部再発足、11月2日に部報「山岳」が発行されている。(山岳班長島井宏氏)そして、復刻「焼峰」は25年に発行された。


昭和24年 二王子岳合宿

 昭和26年4月、山岳部OBが一室に集まり、
(新発田高校OB)高橋剛を会長として、新発田高校山の会が発足した。しかし、会員は進学その他で、全国に散らばり、実質活動は行われず開店休業の状態だった。
一方多くのOBの居留した東京では、30年OB会結成の機運が高まり、5月22日に発会総会が開かれた。 会の名称は色々意見があったが、西口(中村)得二氏発案の「かいらぎ山岳会」にきまった。
 ※ 焼峰13号「かいらぎ山岳会成立以後」高橋武より 

注)梅皮花・・・・・梅花状の硬い粒状凸起のあるアカエイに似た魚の背面中央の皮、刀の柄や鞘を包むのに用いる。(広辞苑)


 昭和32年12月30日焼峰遭難発生。以後OBは事後処理に勤めたが、組織の弱体が痛感された。そして、追悼碑の建設・遭難特集号の発行とともに、OB会の結成が話し合われ、4月6日に設立総会が開催された。なお、会の名称は東京OB会の「かいらぎ山岳会」をそのまま使用することとし、現在に至っている。
※ 焼峰13号 「かいらぎ山岳会の動き」武田敏夫より


ページのトップへ